×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

整体学校で整体師を目指す

今は「癒し」がブームですので、整体も人気があります。大きな駅前などには整体院、タイ式マッサージ、韓国エステなど様々な看板を目にします。整体の人気と同時に整体師や鍼灸師、マッサージ師を目指す人が最近急増しています。私の友人でも会社を辞めて整体師を開業した人がいますし、最近ではI整体師のスキルを身につけてIターンをする人などもいるようです。どんな形であれ、整体院を開業したり整体師として仕事をするのであれま整体学校や整体スクールなどで整体のスキルを学ぶ必要があります。今は整体ブームの影響もあって非常に多くの整体学校、整体スクールが乱立しています。学校ごとにいい点、悪い点は様々ありますし、自分の目指す方向、今の生活基盤などによってお勧め出来る学校や避けるべき学校などが違ってきます。人生の一大転機ですから、きちんと情報収集する事が非常に大切になります。

整体学校選びは非常に重要です

前述のように、脱サラ、独立ブームと整体ブームが相まって現在は整体学校が非常に多く存在します。まず勘違いして頂きたくないのは「整体師=国家資格ではない」という事です。税理士や公認会計士とは違います。従って整体学校によって教えている内容が全く違う、と言っても過言ではありません。「○○法」「△△式」「××メソッド」のように学校独自の理論を継承し、後進を育成して一大グループを形成しているような整体学校も多いです。整体学校によって整体理論や痛みへのアプローチ方法なども違いますから、それぞれの特徴をよく掴んだ上で自分の方向性にあった整体学校を選ぶ事が非常に重要です。このマッチングが上手く行っていないと在学中はもちろん、卒業してからも自分で自分の首を絞めるような事になってしまいます。整体学校で出会う講師や仲間は将来的に整体師として成功するにあたっても非常に重要な要素になります。整体学校選びを誤ると将来的に大切になるこれらのものを手に入れ損なう事にも為りかねませんので、整体学校は慎重に選ぶ必要があります。

整体学校を選ぶポイント

オススメの整体学校、というのは人によって違ってきますのでここでは紹介できません。ネットなどで調べればわかりますが整体学校というのは本当にたくさんありますので、まずは整体師教育機関としてしっかりとした実績を出しているところを選ぶ必要があります。まず第一に納得のいく整体理論が確立されていて自分の理想、理念と合っている事、第二にその理論が教育体系にしっかり落とし込まれている、最後にその整体学校で学んだ生徒が実際に整体師として活躍している、独立開業して成功している・・・この3つのポイントをクリアした整体学校を選ぶようにしましょう。最近は整体学校が非常に林立しているので、しっかりした目で学校を選ぶ必要があります。必ず学校見学会や学校説明会にも出席し、自分の目できちんとも極めることが大切です。整体師として成功している人、成功している整体師をたくさん輩出しているところからこそ得るべきものがあります。卒業生を訪ねるのもいいですね。人生を左右しかねませんので、整体学校選びは重ね重ね慎重にいきたいものです。

Copyright © 2008 整体師を目指して整体学校へ入る!